こないだ雑誌で見かけたのが日本酒化粧品美白。最近無添加のオーガニックが大流行りだから、美肌効果抜群の酵母にスポットが当たってるみたい。

まぁこれらの成分が有効なのは、昔からよく知られてる話だから、今さら感はあるけどね。実際大手のメーカー、○鶴とか月○冠とかも製造販売してる。

日本酒化粧品美白、私も試してみようかしら。でもどこのやつが良いのか、まったく情報なし状態。こりゃ知ってるメーカーを調べて、商品説明を読み込んでいくしかないか。

そう思ってネットで検索して、片っ端から開いて読んでみた。日本酒化粧品美白の大まかな情報は集まったから、あとは決めて購入するだけ。

ザッと見た感じでは、月○冠が一番良さそう。ってか、トライアルセットにポーチが付いてるのがデカイよね。中身もそうだけど、可愛いポーチにやられて決定。

日本酒化粧品美白の初チャレンジ、どんな使い心地がするか楽しみ。良かったらリピートしようと思ってるから、本製品が高すぎないのもポイント。

多少の工夫が功を奏す

早くも「鍋料理」に目覚めた。白菜の芯がシャキッとしたものが出回り始め、サイズもなかなか。価格も4分の1カットで、80円を切る日も出てきた。

体が温まり、ボリュームもあり、野菜をたくさん摂取出来る鍋料理は、我が家の冬のマストメニュー。まずは手始めとして、数年ぶりに旦那と「キムチ鍋」を食べてみた。

定番なのに何故作らないのかと言うと、会社の飲み会などで、冬に3,500円程度のコースを頼むと、高確率で出てくるのがコレ。

なんでも辛さで、味を誤魔化してる感じが好きじゃない。けど、たまに食べると美味しいもんだ。

市販のスープ原液だけに頼らず、肉に下味をつけるなど、多少の工夫が功を奏したのかもね。今年は何種類、味を作れるかな。忘れないように、メモしていこう。

部屋探しのコツを知らずに揉める

新生活を始めるのは、反対じゃねーわ。うん、勿論。でも一人暮らしは、まだ反対。部屋探しのコツも、知らないくせに。そうだよね?大事な身内を大都会で住まわせるとか、飢えた虎の前に肉を置くような...。

「いい加減にせよ!お姉ちゃんに来て貰う必要無いわ!私だって大学生!部屋探しのコツくらい勉強するから、もう大丈夫」駄目、ほらまだクマさん履く様な歳だよ。

「か、関係ねー!どこまで妹を苦しめたいわけ?嫌がらせ?」そんなつもりねーわ。「じゃあ何よ!今更、やめろっつーわけ?冗談きつすぎ、引き下がれません」

やめろ、手伝うと言わぬわ。私も住むっつー話「だから嫌だよ!一人暮じゃねーじゃんか!」姉妹二人でルームシェア、ラブラブは必要ありません?

「ありません。手伝うなら、部屋探しのコツを教えろよ」ルームシェムシェアならいーけど。「帰れ!」二人で今度住む家に?

「あぁもう...じゃさ、コレあげるから帰れ!」くっお菓子か、部屋探しのコツを教えるのか...迷うわ。「手伝わんでしょ?邪魔っす」えー何でこんな身内から、邪見な扱いを。不遇じゃん。