披露宴の招待を完全拒否

披露宴?「おう、今度な!来てくれよ」疲労中でさぁ、無理。「え?」どうだ?今のギャグ。「あー、そっち系な。うん...面白いよ。披露宴、来るよね?」

それは考えさせてもらう。「何でだよ!親友に誘われ、断るってお前、最悪だぜ?」祝儀金包むほど、金ないから...。

「要らんよ!お前だけ免除、どう?これで来れっよ?」落ち着け。予定確認した後、連絡すっから。「仕事ぐらい休めよ、披露宴だぜ?」

無茶苦茶ゆーなぁ、中々厳しいよ。有給使わせてくれぬ会社やもん。つーかさぁ、その...披露宴?」何日?「来月。予定は?」ちょ、仕事...。

「休め」先述の通り不可能、本当。「はぁ...」ため息?「出るわ。これだけ色々言えど、駄目とは。がっくりだよ」分かってくれ。本当、会社次第さ。

「ならば、最終手段。俺が話つけてやる」え?「上司誰だ?名前を言え。電話番号でもOK」ちょ、やめろ。どうゆう事?

「簡単さ、直訴する。むしろ、そいつも招待。歓迎すっぜ!」馬鹿いえ。冗談が過ぎる。「冗談じゃねーわ」